海外移住は自分に何をもたらしてくれるのでしょうか|メリットは何?

🌍移民を目指す理由はなんだろう?

◼移民を目指す人々はどういう理由で移住しようとするのでしょうか。ここで少し考えてみたいと思います。

移民と一口に言ってもいろいろあります。自分の意思で海外に新生活を求める者、自国の様々な状況のせいで仕方なく海外に行く者、大きく分けてこのどちらかではないでしょうか。

日本は戦後安定した発達を遂げ、裕福になりました。現在の日本から生活のために移民を画策する人たちはいないでしょう。しかし、アメリカやカナダに行ってみると、様々な理由で母国を離れた人々に必ず会います。今の日本の状況下ではそういう難民のような人々を見ることは非常に少ないですね。日本の難民受け入れは極端に少なく、世界からも問題視されています。

アメリカやカナダに住んでみるとその人種の多さに圧倒されてしまいます。アメリカやカナダは移民によって作られた国であり、国ができた経緯が根本的に違います。カナダのトロントを例にとってみると、なんと街の人口の実に半分が外国で生まれた人たちなのです。つまり、外国で生まれてカナダに移民してきたことになります。皆宗教的な理由や、生活の向上を期待したり、戦火の母国から逃げてきたり、理由は様々です。

アメリカ、カナダには必ず戦争を契機とした移民が多数やってきました。朝鮮戦争の時には韓国人が、香港が中国に返還された時には多数の香港の住民がやってきました。そのあとも、ユーゴスラビアの内戦の時にはあの辺りの人たちが多数移民してきました。その後も様々な紛争の地域から移民は行われています。

100年以上前から日本人も移民を行っていましたが、より良い生活を夢見て移ったという観点からすると、現代の北米で遭遇する移民の人たちと同じかもしれませんね。

トロントの人たちはカナダを永住の地と決めていますが、皆ルーツを持っているのです。あまりにも人種が多様なため、街にはいろんな国が点在しているような現象が起こっています。レストランやスーパーなども実に多種多様です。家の中では母国語、外に出れば英語かフランス語、というのがカナダでの移民の形態ですね。ほとんどの家が自分の母国の生活を継承しているように思えます。

でも本人を含め、その子供達の時代になるとみんなしっかりとアメリカやカナダのパワーの一部になるんですね。ここがすごいところです。

🇺🇸🍁移民は必ずその国の力となるということです。

◼日本近辺の国を見てみると、カナダには中国本土からも多数の移民がやってきています。香港が中国に返還された時には数十万人がやってきましたが、これはもちろん政情不安を危惧してということです。現在中国本土からの移民が続くのも同じような理由でしょう。

韓国からの移民もかなりのものですが、これも北朝鮮問題にからむ徴兵制度などが主な移民の理由です。フィリピンなどからも多いですが、彼らはまず女性たちがメイドのような形でビザを取り入国し、永住権が取れると母国の家族を呼び寄せるという形を取ります。生活水準の向上や、より良い教育を求めてというのが彼らの移民の理由ですね。

◼では現代の日本人はどうでしょうか? 日本人は生活苦で移民する人はまずいないのではないでしょうか。

⭐日本人はみんな目的を持って移民をすると思います。

その目的が何であれ、人生を根本的に変えてみたいという人間にとって移民は限りなく魅力的に思えるでしょう。

🌍人生を白紙の状態からリスタートするには移民が最適!

私は学生としてアメリカに行き、その後カナダに移住しましたが、私の中にはこのような思いがあったことは間違いありません。何か人生の壁にぶつかった時に「移民」という選択肢を取ることは決して悪いとは私には思えません。人間にはそういう理解不能な要素があってもいいのではないでしょうか。

お恥ずかしい話ですが、私の人生の壁は大学時代の失恋でした。こんなこともあるんですね。なぜか無性に子供の頃に過ごした海外に行きたくなったのを覚えています。大学時代の数年間は海外に行くんだ、、というのが自分の毎日のモチベーションになっていたのは間違いありません。

⭐自分の夢を実現するために移民するもよし、、自分の人生を根底からひっくり返したいというのでもよし、、一度しかない人生にこういう選択もアリではないでしょうか。

保証します! 文化も、言語も、生活習慣も、人種も、何もかも違う環境に行けばあなたは間違いなく真新しい人間として再出発することができます。理由のいかんを問わず、人生の再出発を考えている方は「移民」という生き方もあるということを知っていただきたいと思います。

🌍移民のハードルはネットの普及で格段に下がった!

移民というと、もう二度と日本に帰れないのではないか、、、、何ていうのは昔の話です。現代の交通手段と通信能力は昔とは比較になりません。現在ではトロントやニューヨークから日本へは13時間ほどでしょうか。半日飛行機に乗れば地球の反対側に行けるのです。携帯電話の発達によって、今ではいつでもどこでもお互いの顔を見ながらの会話も可能です。「移民なんかしたらもう二度と◯◯と会えない!」なんてセンチメンタルなことを言っている必要はありません。地球は小さくなったのです。いつでも愛する人と話すこともできますし、会いに行くこともできます。

⭐自分の活動の範囲を世界レベルにした!

という考えではどうでしょうか。この小さくなった地球で活動の範囲を大きくしただけなんだと、、、。世界に出て行けば、日本では思いもつかなかったような出会いが待っています。これが決定的に素晴らしいことですね、、。

⭐素晴らしい、予期せぬ出会いに遭遇しに行きませんか?
⭐その出会いがあなたの全てを変えるかもしれません!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA