アイビーリーグを比較するには思い切って行ってみるのが一番です!

アイビーリーグを知りたいのなら行ってみるのが一番

🇺🇸留学するなら絶対にアイビーリーグに行ってみたいと思っている方はたくさんいると思います。どこに行きたいかを考えるのなら絶対に一度訪れてみることです。 私の時代は少し前なので、そう簡単に安く海外旅行をするわけにはいきませんでしたが、それでも私は東海岸から西海岸まで横断して7〜8校は見ました。

今の世の中は実に安く、そして簡単に海外旅行ができる世界になっています。このアドバンテージを利用しないのはどうかと思いますね。海外に行くこと自体はそれほど大それたことではないからです。

安い飛行機に安い宿泊施設を組み合わせればバックパッカーとして行っても全く問題ありません。バイトをした範囲でも旅費は稼げると思います。 行けば全ての疑問が解決すると思います。

今はインターネットがあるので画像や動画も見れますが、実際に見るのと見ないのでは全く違う感動を経験するでしょう。 自分の人生を左右するかもしれない一大事ですから訪れてみるのは理にかなっていると思います。 学校がやってる時に行ってくださいね。

ちなみに私は全てのアイビーリーグの大学を訪れたことがあります。

何回も言ってることですが、向こうの人は大学を選ぶとき大学名よりは学部の価値をより検証して選びます。アメリカの大学では学部によってかなり良し悪しがあるからです。ハーバードにしても全ての学部がいい訳ではありません。

短期間に全て訪れることは可能です。

🇺🇸8つの大学なので1週間では無理でしょうが、同じ地域にあるので、頑張れば2週間以内で制覇できると思います。 一番遠いペンシルベニア大学とダートマス大学の距離は約370マイル(約600キロ弱)です。 コーネルは唯一内陸に離れていますが、その他は結構東海岸に沿って点在しているので割と簡単に行けると思います。 バスや電車も完備しています。レンタカーも安いですよ。

やはりニューヨークに入りそこを起点にすることになると思います。北から順に紹介したいと思います。

Dartmouth College

ニューヨークからの距離は約440キロほどです。ボストンからは200キロほどでしょうか。 まずはこの一番北のHanoverに行くのもいいでしょうね。学生数もアイビーリーグの中では最小です。6500ほどでしょうか。

そこから南に南下していくのがベストかと思います。 実にクラシックな感じのするいい街です。 まさしくニューイングランド地方って感じですね。秋の紅葉の時期は素晴らしいです。

Harvard University

ニューヨークからの距離は約350キロ。ダートマスのHanoverからは約200キロです。まさにアイビーリーグの代名詞のような大学ですね。名前の有名度合いではナンバーワンでしょう。 ボストンという街も非常に綺麗です。建築が素晴らしいですね。この街に住み、この大学に通うというのは一生のうちで一番の思い出になることは間違いありません。ボストンは結構な大都市ですが、アメリカでももっとも古い街なので雰囲気は最高ですね。私はボストンはアメリカでもっとも好きな街の1つです。ウエストコーストの街の雰囲気とは全く違う世界がここにはあります。

ただ、ハーバードの悪口を言うつもりはありませんが、ハーバードにもいい学部とまあまあの学部があります。十分にそれぞれの学部を検証してみる必要があります。

Brown University

ニューヨークから約370キロ。ハーバードのあるBostonからは約80キロです。この大学は比較的学生数が少なく、その独特の雰囲気で学生たちを魅了しています。学生の満足度は全米1位とか。

この大学のあるプロヴィデンスはさほど大きな街ではありませんが、とても綺麗な街です。キャンパスは高台の高級住宅地にありますが、落ち着いていていい雰囲気です。 一見の価値ありです。

ボストンからニューヨークまでは海岸線を鉄道が走っています。私はこの鉄道が好きで結構利用しました。この沿線には美しい海岸線や高級住宅地が点在します。

Yale University

ニューヨークからの距離は130キロほど。ブラウンのあるプロヴィデンスからは160キロほどです。 私は友人がイエールに行っていたので何回も訪れました。ニューヨークからも比較的近いので、ここに住めば頻繁にニューヨークにも行けるでしょう。 電車に乗ればすぐです。 ニューヘイブン自体はそれほど魅力的な街とは思えないのですが、キャンパスはまとまっていてとても綺麗です。

ニューヘイブンからニューヨークまでの間は海岸線に高級住宅街が並びます。マンハッタンに住みたくない人たちはこの鉄道を使ってマンハッタンのグランドセントラルステーションまで通うわけです。日本のようにすし詰めの電車ではないので快適ですよ。

イエールも全米屈指の大学です。入るのが超難関と言われていますが、アート系の学部も非常に有名です。絵画やグラフィック、演劇、音楽に至るまで実にユニークです。

ただ、こういうアート系で食っていくのはかなり難しいので、それは言っておきたいと思います。 私の友人でここの演劇科を出たものがいるのですが、ニューヨークに出てみるとアイビーリーグの肩書きは何も助けになりません。オーディションなどでは全米からやってくる若者たちと競わなくてはならないからです。

Columbia University

ニューヨークを起点としたならば、着いて真っ先に行けるところがここでしょうね。ニューヨーク、マンハッタンのど真ん中に位置しています。他のアイビーリーグと比べて自然の恵はないですが、ここはニューヨークが全てキャンパスと考えてください。

コーネル大学のように大自然の中にあるというわけではないですが、こういう街中の大学もいいですね。重厚な校舎は迫力さえ感じます。

在学中に大学以外にできることがたくさんあるということです。このニューヨークを全てリソースとして活用することができるんですね。ただ、大都会であるということで、誘惑もそれなりにあるということです。

美術館や博物館も世界レベル。レストランやカフェも無数にあります。マンハッタンで行くところは無数にあります。様々な会社もあるので訪問するのにもアドバンテージがあります。

Princeton University

ニューヨークから南に約80キロの所にあります。車だと1時間ちょっとで行けますね。 ニューヨークへのアクセスも簡単です。 キャンパスは建築が美しいです。クラシックな建物と新しい建物との対比が素晴らしいですね。

プリンストンという街も小さいですが学園都市らしく、落ち着いている雰囲気で気に入ると思います。

University of Pennsylvania

ニューヨークから150キロほど。プリンストンからだと70キロほどです。 近いですね。鉄道やバスで簡単に動けます。お金をかけないで気楽に動き回るのでしたら公共の交通機関でいいのではないでしょうか。

トランプ大統領がここを出たことでも有名です。 ここのビジネススクールは特に有名です。ここも街中に位置しているので好き嫌いはあるでしょうね。フィラデルフィアは人口160万人の大きな街です。

Cornell University

コーネルは私の行った大学です。ニューヨークからは400キロ近くはあるでしょう。飛行機ならものの1時間、車なら5時間近くはかかるでしょう。バスならもう少しかかるでしょう。

ど田舎という感じですが、あたりはフィンガーレイクリージョンと言われて、ニューヨーク州でももっとも美しい地域のひとつです。手の指のような形状をした細長い湖が点在しています。まさに大自然の真っ只中ですね。キャンパスの中にも大きな滝もあります。ここの農学部や獣医学部が全米でトップなのも理解できます。広大な敷地の中でキャンパス内のミルクやヨーグルトなども作っています。

大学総合ランキングでは全米で16位ぐらいに位置しています。世界のランキングでは19位ぐらいです。ちなみに東大のランキングは47位です。これでもすごいのです。

アイビーリーグの中では一番低く見られていますが、いくつもアメリカでトップの学部もあります。ホテル学部、建築、農学部、獣医学部などはほとんど全米NO:1です。

アメリカでも有数の美しいキャンパスを誇るこの大学。ユニークさもアイビーリーグNO:1です。ファッションデザインやインテリアデザインも教えているんですよ。ファッションデザインは全米で6位に位置しています。 アイビーリーグでファッションデザインなんて考えられますか。

Massachusetts Institute of Technology

ここはアイビーリーグの大学ではありませんが、絶対に訪れた方がいい大学なのでご紹介します。ボストンのハーバード大学の近くなので訪れるのは簡単だと思います。

MITと言えばその筋の人であれば誰でも知っている大学です。ハーバードと並んでボストンを代表する大学ですね。ぜひ見てきてください。

 

低予算の旅行に欠かせないのがこのサイトです!

学生は予算を切り詰めた旅行をした方がいいと思います。それなりに安いバックパッカーが泊まるようなホテルの方がいいでしょう。 これはただ単に経費の削減というわけではありません。同じような年代の人たちに宿泊施設で会うことによって様々な情報を得ることもできるのです。

バックパッカーが泊まるような所ということでバカにしないように。海外では超お金持ちでもこのランクのホテルに泊まることもあるのです。超お金持ちの子供であってもあまりお金を与えられていない子供達もいるのです。

安めの宿泊施設を探すのであれば Booking.com が最適です。かなり小さな街の情報も載っています。

旅行をしましょう!

▼公式サイトはこちらです▼


✈️     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA