英語留学でおすすめの国はどこ|アメリカ?カナダ?オーストラリア?

⭐大金をかけて短期間で英語をマスターなんてのはまず無理!

これは私の個人的な意見であるということは事実ですが、、、海外に英語を学びに行くというのは、成果の面を考えてみるとかなり厳しいと思います。

そのことをまず分かっていただきたいですね。少なくとも短期間では無理でしょう。なぜって?

その最大の理由は、まず、 海外の現地の語学学校というのは世界中からの生徒の集まりということになります。クラスは数人から数十人になると思いますが、クラスの中にネイティブの人間は一人もいません。先生だけです。 そうなんです、現地に行ってもすぐにネイティブの友達がたくさんできるわけではないのです。できる友達はおそらく日本人、韓国人、中南米からの人、、みたいな感じでしょう。

そして、そういう連中と必然的に友達になると、クラス以外でもいろんなところに一緒に行ったりします。でも、ここで考えてみてください、誰一人としてまともな英語を喋れるわけではないのです。中途半端な英語を毎日、毎日聞くために大金を払って海外に来たんでしょうか?

日本人は結構日本人で固まる傾向があるので、もしそうなってしまえば、学校に通う数ヶ月の間ずっと日本語メインという生活になってしまいます。これでは海外に行った意味がありませんね。

⚡でも仕方がないんです、、、みんな寂しいという現実を持ち合わせているということです。友達なしで数ヶ月間を過ごすというのは現実的ではないですね。ホテルではなくホームステイをしているとすれば、おそらくそこでの会話が一番ネイティブに接することができるでしょう。

そう考えてみると、どうでしょうか、、、、単に英会話ということであれば、私は日本にいても十分に勉強できると確信しています。お金も海外にいくよりはかかりませんし。 要するに、海外に行くというのは、英語以外の何か、、を吸収するために行くということです。それが何か、、というのは各々人によって違うと思います。海外が初めてであれば、外国の生活や習慣を経験してみる、、。でもよし。語学の勉強の後、何かを勉強するために各種学校を偵察してみる、、、、とかでもよし。何かプラスアルファーの経験をしたいのであれば海外留学も意味があると思います。

⭐アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、フィリピンを検証!

なにか胸が踊るような感じがしませんか? どの国に行こうか、、なんて考えるだけで胸がワクワクしてきますよね。そうなんです、、、

⚡海外に行こうと考えた瞬間からいろんなことが始まっているんですね。

英語に関する留学だったらおそらく上記の5カ国ぐらいじゃないでしょうか。あとニュージーランドというのもありますが、、、。私はフィリピンを除いて上記全ての国に住んだことがあります。

⭐アメリカ

まずみなさんが頭に浮かべるのはやはりアメリカではないでしょうか。短期間の英語習得ということが目的であれば、、国内でもできるのではないでしょうか、、と私は述べましたが、その点は当たっていると思います。海外に行く最大の目的は英語以外のところにあると思います。違う文化を知り、生活環境を経験し、自分が今後どう進んでいくか、、、、それを見極めるための、、「何か!」を見つけるために行くということです。

その意味ではアメリカはやはり外せないでしょうね。行ってみたい街がたくさんあります。どの街にも語学学校はありますし、自分でいろいろ調べればいろいろなことが分かってくると思います。治安の面ではいろいろと話題が出てきますが、一般的に言ってアメリカの治安は悪くないと思います。10年近く私はアメリカに住みましたが人に襲われるような問題はありませんでした。たとえ日本にいても、夜になったら近寄らないほうがいいところとかがあると思います。それと一緒ですね、、、。

アメリカは見るものも、行くところもたくさんあります。住むところを確保して、近くのスーパーに行ったり、コーヒーショップに入ってみたり、そういう単純な経験をぜひやってみてください。アメリカの良さというものがいろいろと分かってくると思います。なぜこの国がこんなに繁栄したのか分かると思いますよ。

ただ、アメリカは人気の国なので、どの街の語学学校に行っても日本人はいると思います。付き合い方を考えるようにしてください。他の外国からきた人間との付き合い方も同様です。自分が何をするために来ているのかを考えたほうがいいですね、、、、アメリカに来て、日本人の友達ばかり作って、四六時中日本語ばかり話しているようでは何も収穫はないと思います。

今はインターネットという強い味方があります。。どのような生徒がいるとか全て瞬時に聞くこともできるので聞いてみるべきです。今は国際電話も高くないので先方の学校に電話してみるのも一手ですね。行ってから喋るんだ、、、、なんてのはダメです。日本からだって会話をやってみるべきです。みんな親切に教えてくれると思います。

⭐カナダ

アメリカの治安のこととかがやっぱり心配、、なんて方にはカナダはいいんじゃないでしょうか。日本人は大体バンクーバーやトロントが多いと思いますが、カナダは本当に落ち着いた、いい国です。治安の面では日本とほとんど変わらないぐらい安全です。

アクセントに関しても、カナダの英語はアメリカの英語に非常に近いので、慣れるのにはうってつけじゃないでしょうか。

でも、寒いでしょ?、、、なんて言っている人はいませんか。確かに冬は寒いことは寒いですが、寒いなりにうまくできているんです。生活は実に快適ですよ。どこに行っても暖かいようにできているんです。モールなんかも実に暖かいですし、遊びに行けるところはたくさんあります。

それに、5月から秋にかけての半年は素晴らしい気候です。暖かいときでも日本のように湿気がないので実に過ごしやすい毎日です。公園や湖水地帯、山など楽しめるところはいろいろあります。虫なども日本ほどいないので、アウトドアのレストランなんか最高ですね。夏のカナダは最高です。毎日がきっと快適ですよ。

⭐オーストラリア

オーストラリアはカナダと同様イギリスの植民地だったこともあり、なんとなく似ています。街並みはどことなくイギリスっぽい感じでしょうか。静かで安全な街ということではカナダに似ています。簡単に言えばカナダみたいだけれど、、、暖かいというところでしょうか。でも、食べ物も美味しくて、とても住みやすい国です。

似てはいるけれど、アメリカやカナダとは違うところは多々ありです。季節が日本の逆ということだけでも体験してみる価値ありです。クリスマス、新年はいつも真夏ですね。道路は日本と同じ左側通行。アパートの間取りの言い方の違い、カフェでのコーヒーの呼び名の違い、、などなど。あげればキリがないです。でもそういう違いが分かるのも住んでみたから、、ということですね。

ネットで「世界一住みやすい街」などと検索するとカナダとオーストラリアの街が出てくると思います。一番移住したい街として紹介されているんですね。

ただ1つ、懸念というわけではないですが、、、、オーストラリアの英語は結構発音は変わっています。北米とはぜんぜん違います。どちらかというと英国似かもしれませんが、、少し違いますね。「エイ」という発音がどちらかというと「アイ」に聞こえます。最初行った時は結構面食らいました。何を言ってるのか分からないこともしばしばという感じでした。例えば、Playが「プライ」と聞こえる感じですね。「エイ」の発音はほとんど「アイ」になります。よってたくさん「エイ」の発音がある会話になると「アイ」の連発になるので分かりにくいです。

まあ、英語は英語なので、、中級以上でないかぎり問題はないと思いますが、、。短期間でその発音に自分も染まってしまうとも思えません。何世紀にもわたる移民で言語は変わるんですね。イギリス英語が北米英語になったように。遠く離れたオーストラリアやニュージーランドなども変わったというわけです。これはフランス語やスペイン語などでも同じ現象です。離れるとみんな違った発音になります。

⭐イギリス

英語発祥の地と言えばイギリスですね。私は小学生の時に2年間ほどロンドンに住んでいました。文化レベルは文句なし、街並み、娯楽、美術館、歴史、どれを取っても最高に面白い国です。地下鉄、バスも完備しているのでロンドンでの生活は楽しいですよ。英語以外に学べることは多々あると思います。

行けるところ、みたいところが無数にあるので飽きることはないでしょうね。最高に楽しい滞在になると思います。ロンドンもいいですが、地方都市にも語学学校はあるのでそういうところもいいのではないかと、、、。おそらく日本人に会う確率は少なくなると思います。

多少渡航費用は高くなるのではと推測しますが、ヨーロッパの空気に触れるのは価値がありますね。数日の休暇があれば、ヨーロッパの国々を訪問することも簡単にできます。

⭐フィリピン

最近よく聞かれるのがフィリピンですね。英語がタガログ語とともに公用語であること。日本から近いということ、物価がやすいということ、、などが人気の理由ですね。アジアの中でこの国ほど英語が浸透しているところはないでしょうね。

ただ、やはり治安の面では不安もあります。マニラを目指すというよりはビーチリゾートの語学学校を目指した方がいいでしょうね。マニラはマクドナルドの前にも銃を持った人間がいるような感じです。リゾートにある語学学校はそれなりに安全が確保されていますし、快適だと思います。ただ、隔離された寮生活のような感じなので、その国に住んでいるという実体験はないと思います。あくまでもリゾートですね。

✳できるだけ自分で手続きをすることをお勧めします。

私は今までコンサルタントに留学の手続きを依頼したことは一度もありません。おそらく自分でした方がよりいろんなことが分かるでしょうし、安く上がるでしょう。しばらく前までは手紙などでのやりとりですが、現代社会にはネットという強い味方があります。なんでも瞬時に聞くことができます。

コンサルタントと語学学校はいろいろなしがらみがあることも確かです。全く自由な、自分の留学を作り上げるのはあなた自身です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA