社会人2年目の若者に告ぐ!英会話を短期集中で身につけるならこれ!

英会話は日本にいても短期集中で習得可能!

社会人2年目のみなさん! 英会話が職場でどれほど重要か社会に出てみて痛感している頃ではないでしょうか。 英会話は海外に住まないと習得できないというのは事実ではありません。海外に行っても日本人の友人と日々会っているような人間が多い現実を考えると、何十万、何百万の経費は妥当でしょうか。 日本にいても英語の習得は絶対に可能です。

▼私の推薦するベストチョイスはこれ!▼
成果コミット型英会話ALUGO ネイティブイングリッシュ

 

日本で短期集中で英語を上達させる教材ランキング!

⭐️わずか数十年前にインターネットが普及し始め世の中の生活パターンが急激に変わってきました。誰もが携帯電話を持てる世界なんて誰が想像したでしょうか。数千年の人類の歴史の中では私たちは本当に変革の時代に生きていると言っても過言ではないですね。それぞれの時代にあった生活スタイル、勉強スタイルがあって当然ではないでしょうか。

ここに紹介するのは基本2ヶ月の勉強期間のものばかりです。人間の集中力というのはそう長く続くものではありません。2ヶ月集中してみると頭の中に英語の細胞が芽生えると思います。大事なのはどれだけ自分で生活の中に英語を取り入れていくかということです。

英語がしゃべれるかどうかというのはいかに度胸がつくかどうかということになります。私たちに100パーセントの英語を習得するのは所詮無理な話です。海外に行っても誰も私たちに完璧な英語を要求はしません。大事なのは自分の言いたいことが伝えられるかどうかということです。

 短期集中英会話トレーニング【ALUGO】

【ALUGO】はまずしっかりとしたアセスメントをしてくれます。まずはここからです。自分の立ち位置が分からなければ方向性も見つけられません。そして、携帯電話という現代のツールをフルに活用してレッスンを行います。いつでもどこでも、自分なりの生活スタイルを作れます。自分なりの学習方法を選択し毎日のルーティーンとします。担任のカウンセラーが定期的にチェックをしてくれます。

金額的に少し高いかなという印象を持たれるかもしれませんが、海外に行けば飛行機代にしかなりません。海外の英語学校で英語のいい加減な友達をたくさん作ってしまうことを考えると決して高くはないと思いませんか。海外に行って視野が広がることは間違いありませんが、海外に行くと自然に英語が身につくというのは幻想に過ぎません。

今大注目の【ALUGO】、30日間全額返金保証もあるから心配なし。体験談をぜひ読んでいただきたいと思います。

テキスト入らず【ネイティブイングリッシュ】

これも今大注目の教材ですね。ややこしい教科書はなしです。ただただ聞き続けるだけなので頭の中が英語化されていきます。英語化されてくると、あとはしゃべる度胸があるかどうかの違いだけです。

会話を聞いて意味が分かるようになるのは重要なことですが、ここのプログラムには日本語から英語という逆方向もあるので、自分で会話が試せるという利点があります。ネイティブが使うフレーズも豊富。

なんとバイリンガルによる個別メールサポートが2年も付くという環境。一人じゃないんだということを実感できると同時に、分からないことをいつでも聞けるという特権。これは大きなアドバンテージですね。

リスニングとスピーキングを同時に行える画期的なプログラムです。あなたの脳を英語化しましょう。金額も圧倒的にリーゾナブル。60日間全額返金保証付きという驚きの内容。自分が損をすることは何もないですね。

ぜひレビューを読んでいただきたいですね、、レビューは嘘を言いません。

7+English【セブンプラス・イングリッシュ】

しっかりと従来型の勉強をしたい方にはこれがオススメです。CDの他にマニュアルやフレーズ集なども、、。やはり教科書がないと、、という方にはおすすめですね。一心不乱に60パターン600個のフレーズを覚えることです。覚えたあとはそれをシーンに応じて使っていくだけ。 どこまで生活を英語漬けにできるかはあなた次第。

CDと教科書の併用で頭に叩き込んでいきます。各種の特典や無料レッスンも! メールサポートはなんと3年の長期にわたって、、。 購入日より60日から90日以内なら全額返金保証も! この金額じゃちょっと考えられないサービスですね。

 

英語は最良の友人!

この世は信じられないようなスピードで小さく小さくなって行っています。。 このスピードはどこまで早くなっていくのでしょうか。

世界中の人種がますます混ざり合っていくということは当然のこととして起こっていくでしょう。もともとこの世には壁やフェンスは存在しません。 人類がこの世に現れてから人々は世界に散らばっていき、それぞれに進化を遂げてきたのだと思います。そこで無数の言語や文化が生まれて行ったんですね、、。

この数千年で各地に国というものが発生し、国境ができました。次第に人々を遮る壁のようなものができていったんですね。 地球の反対側まで行くのに何年もかかっていた時代ならそれほど異国の言語に遭遇することはなかったでしょうが、今では半日で行ってしまいます。。 異国の言語に遭遇することなんて日常茶飯事ということですね。

私はいろんなところに住んできましたが、カナダのトロントなどは今の世界の縮図と言っても過言ではない状況が存在します。 なんとトロントは人口の半分が外国で生まれた人たちなんです。これってすごいと思いませんか、、、。街の半分の人たちがどこかの外国から来たなんて考えると、、、。

みんな別々のルーツを持っている。。

ということなんです。ここで実におかしな現象が起きるんです。 外国から来た年数がそれほど経っていないということもありますが、家では自国の言語、外に出れば英語という環境です。 カナダは依然として移民に寛大で、どんどん受け入れています。審査も今のアメリカと比べたら比較にならないほど簡単ではないでしょうか。人口もアメリカの10分の1、3000万人しかいないんです。

英語はみんなの共通語なんですね。違った言語の人たちでもコミュニケーションが取れる手段として英語の果たしてきた役割は絶大です。

英語はどこに行っても使えるツールであり、最良の友人!   

英語が母国語でない国に行っても英語の威力は絶大です。一般的に言って、時に友人というものは面倒なことをやらかしたり、文句を言ったりということがありますが、、この英語という友人はどこに行っても最良の友人であり続け、文句の一つも言わないであなたの力になってくれます。こんな素晴らしい友人が他にいるでしょうか。24時間、365日あなたの力になってくれます。

英語は日本にいても習得できる!

外国語は現地に行かないと習得できないというのは事実ではありません。私は幸い親の都合で子供の頃イギリスに滞在し、初めて英語に接しました。子供は自然に耳から覚えるのでそれほど苦労した覚えはないのですが、行きたての頃は数ヶ月ちんぷんかんぷんだったのを覚えています。でもしっかりとした文章を理解できるようになるまでは相当かかりました。完全にネイティブにはなれなかったと思います。

海外にいて感じたことなのですが、海外にいても努力をしないと英語は身につかないということです。変な話ですが、大人になって行った人たちの中には10年、20年滞在しているのにからっきし喋れない人がゴロゴロいるということです。海外にいると言っても、日本の会社に勤め、日本人の友人を作り、日本人の人と結婚などしている場合には英語をしゃべる機会はそれほど多くありません。

片言の英語で、買い物などの用は足りてしまうので、それ以上の勉強をしようという意欲さえない人を多数見かけました。英語を喋れないことを逆に自慢して笑いを取るような連中も存在します。これでは日本にいるのとたいして変化はないですね。

せっかく海外にいるのに、日本人コミュニティーとだけ付き合うというその考え方には私はついていけませんでした。現地のコミュニティに入ってこそ異文化との接触が可能になり、自分の視野も広がるのではないでしょうか。

生活を英語主体に持っていく!  

これはどこにいてもできることです。たとえ日本にいても、、。 先ほどの続きになりますが、高いお金を払って留学しても、現地で自分が入れる学校といえば語学学校ぐらいしかないでしょう。行ってもクラスの人間は全て外国人、アメリカやカナダではかなりのアジア系がいると思います。つまりクラスの中は中国人、韓国人、中南米からの人、ヨーロッパからの人、そして日本人も当然ながらいると思います。

つまり、友達になるとすればまずそのクラスの人たちと友達になるわけで、誰一人としてまともな英語はしゃべりません。授業中ネイティブの先生の会話を聞くことはあっても、放課後など自由時間にはほとんどないわけです。クラスの連中と仲良くなると、一緒に遊びにいったり食事をしたり、相当な時間を一緒に過ごす結果となります。

これではいい加減な英語を聞くために数百万も使っているようなものですね。ただ、現地に行ってそう簡単に現地のネイティブの友人を作ることが難しいという現状を考えると、このようなことが常識的に起こっていると考えるのがいいでしょう。

下手をすると、日本人同士で固まってしまって、四六時中一緒にいてしまうというようなことにもなりかねません。寂しさも関係してきます。これでは日本語を喋りに大金を払ったということになりますね。最悪です!

日本で生活を英語漬けに!

これが実情なら白けてしまいますよね。 海外に留学するもよし、、でも最低限の英語は日本でマスターして、何百万のお金はやりたいことを学ぶために専門学校や大学に使った方がいいと思いませんか? 私ならそうします。

日本で日常生活の中で英語を学べば、かかっても数十万で済むでしょう。海外の語学学校に行って中途半端な英語に囲まれて生活するよりいいのではないでしょうか。

ではどうやって日本で英語漬けに?

一番大事なのは気持ちの持ち方ということです。仕事や生活の中でできるだけ時間を見つけて自分の目標に向かって行動が移せるかどうか、、ということです。

なかなか時間が取れないと言っても、絶対に探せば作れるはずです。仕事や学校の行き帰り。夜に家での数時間の自由時間。寝る前にベッドの中で、、。などなどです。 海外でいい加減な英会話に四六時中束縛されるよりはいいと思いませんか。

正しい、ネイティブな材料を時間の限り聞き、喋り、そしてそれを生活の一部にすることです。

自分の決意とやる気の問題でしょうね。でもこれは何をやるにも関係してくることです。海外の語学学校に行ってもネイティブの友達はそう簡単にできません。遊び気分で海外の語学学校に行っても、ネティブの友人をすぐに見つけられない現状を考えると、日本にいても同じような効果は得られると確信します。

 

英語はあくまであなたの次なる目的の手段です!

英語だけのために留学をするのはおすすめできません。もちろん英語に特化した留学を考えるのでしたら、向こうの大学や専門学校に入り、ネイティブに混じりながら授業を受けるのが一番でしょう。でもこれができるまでにはかなりの準備が必要です。

大体の方は英語を専門にとは考えていないのではないかと思います。英会話ができればあなたの可能性は無限に広がります。あなたの可能性を探すツールとして英会話を追求してみるのはどうでしょうか。今まで見えなかった自分を発見できるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA