学資保険は本当に必要なの?家計の負担をなるべく減らしたい!

出典:保険MEDIA

なるべく節約したい!と考えている主婦の方は多いでしょう。お子さんの教育費のことを考えると学資保険に加入することで大丈夫?家計の負担にならない?と心配するお声を耳にすることも多々あります。学資保険の必要、家計の負担を軽減について詳しい内容をご紹介するので参考にしてください。

学資保険は必要なの?負担じゃない?

子供の教育費のことを考えると学資保険に加入しておくべきかなぁとお考えの方も多いでしょう。お子さんの進学時期に合わせて学資保険を受け取ることができるので理想的ですが、毎月の保険料の支払いがあるため、無理して加入するのはよくないです。満期保険料の設定を行いましょう。

【満期保険金は200万円前後が目安!】

保険相談ナビより引用

学資保険は家計の負担になるのかなぁとお考えになるでしょう。まず、月々の保険料を検討し、特約の有無によって保険料に差がでます。医療保険など特約付加しても学資保険保有時期のみですし、学資保険のみの加入でよいかもしれません。学資保険は途中解約すると受取金額が少なくなることもあるため、計画的に加入を検討すべきです。

【学資保険の特約は大きく分けて、医療保障と死亡保障に分けられます。】

保険相談ナビより引用

学資保険は毎月の保険料の支払いが無理しない程度で考えた方が無難ですし、長く続けることが重要になります。

学資保険は子供が何歳まで加入できるの?

学資保険は子供が何歳までに加入すればよいの?と気になる方も多いでしょう。学資保険は利率がよく、やはり魅力的な保険商品なため、お子さんが生まれたら検討する方が多数いらっしゃっいます。お子さんの年齢が0歳~7歳まで加入対象となっているケースが一般的なので、まずは加入しようと考えている保険会社へ問い合わせてから検討すべきです。

【一般的に学資保険に加入可能な年齢は、子供が0歳から7歳の間です。】

保険相談ナビより引用

また保険に加入するタイミングも重要になり、お子さんの年齢によって保険料・利率の違いは出るため、その辺は確認しておきましょう。お子さんがお生まれになったらすぐ加入するのがベストなタイミングになります。加入年齢が上がるごとに月々の保険料も高くなりますし、利率も低くなるため、生まれてすぐの検討が大切になります。

【原則的には、加入は早ければ早いほど良いと言えます。】

保険相談ナビより引用

学資保険はお子さんの年齢によって保険料や返戻率など違いが出るため、なるべく早い段階で加入すべきだとわかりますね。

ご家庭にあった学資保険に加入しよう!

ご家庭により、各々毎月支払える可能な保険料や必要な教育費も違いが出てきます。そういう部分を含め、学資保険は検討すべきです。長く続けることで返戻率もアップしますし、途中解約しないためにも学資保険は無理ないのがベストです。また、学資保険の契約者は誰にするかによって保険料は算出されるので、その辺も理解しておきましょう。

【学資保険を加入する場合、原則的に契約者の名義は子供の保護者になります。】

保険相談ナビより引用

加入する際には、お子さんの年齢・契約者の健康状態など色々と情報提供するため、やはりなるべく早い段階で加入することが重要です。年齢を重ねるごとに健康面でのリスクも増えてきますし、そういった部分も考慮した上で加入するようにしましょう。保険契約者はご夫婦で算出してみて、そして比較することで加入手続きを行うのが良いかもしれません。

【まず前提として、学資保険の保険料は子供と契約者の年齢や健康状態によって算出されます。】

保険相談ナビより引用

まとめ

学資保険に加入することで、将来、お子さんが進学の際には安心を確保することができ、そして年々アップする教育費の備えになります。保険会社によって保険料・返戻率なども違いがあるため、いくつか見積もり請求して比較してみると具体的なことがわかり、参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA