モントリオールの英語圏|世にも稀なバイリンガル都市の実態はこうだ

🍁モントリオールは世界的に見ても変わった大都市!

私たち家族はカナダに移住した時、最初の場所はモントリオールでした。事前に行ったことはありませんでしたが、英語とフランス語が併用されている、、ということだけでも私たちが移住するには十分な理由となりました。

結局のところ、この街には1年半滞在しました。実際に住んでみると、前評判とは全く違った様々な状況が存在することが分かりました。こんなに変わった街はこの世に他に存在するのでしょうか。

街の雰囲気も街並みも完全にヨーロッパという感じです。ここが北米の都市であることを忘れてしまいます。このような街はアメリカにはないでしょう。まさに北米のパリですね。ボストンなどもかなり古い街並みを残していますが、モントリオールは格別です。

⭐街の中で全ての人が英語とフランス語を併用しているのかと思っていたのですが、街の人が全て両方をしゃべれるというわけではないのです。このケベック州でフランス語を主にしゃべる人は80%にもなります。それに反して、英語を母国語としている人は8%にもなりません。ケベック州では英語は大変なマイノリティです。

英語を母国語としている人はケベック州にわずか60万人ほどしか住んでいません。その80%はモントリオール(約170万人)にいると言われています。ケベック州(約820万人)ではほとんどの人がフランス語を喋っているわけです。

モントリオールでも英語圏は街の西に集中しています。街の東や郊外に行くと、ほとんど英語は使われていないと言っていいでしょう。もちろん通常は使われていないが、理解はできる、、、という人もいます。街のショップなどで働く人間は英語とフランス語の両方をしゃべれることが条件になっています。両方しゃべれないと店員にもなれないのです。

レストランなどで隣の人たちが英語とフランス語を混ぜながら、半々で喋っている光景は実に興味深いものでした。このような光景は街中では普通に見られることです。

⭐でも、例えば家の修理のため大工さんや電気屋さんを呼んだりすると、全く英語がわからない連中も来ます。若い連中は結構両方理解できますが、フランス語しかしゃべれない連中もたくさんいます。街の東の方に行くと、全く英語が使われていない地域もあります。はっきり言って、ケベック州では英語を知らなくても一生生活には困らないでしょう。英語は必要ないのです。

🔥ケベック州では英語を知らなくても何の問題もないのです!

⭐モントリオールでもこの調子ですから、街を出るとほとんど英語は通じません。ケベック市の外れのモールに行きましたが、店員は英語が全く分かりませんでした。常にケベック州の独立運動が起こっているのも理解できますね。

🍁英語を知ってることは大きな利点になる!

先ほども言いましたが、モントリオールのあるケベック州はほとんどフランス語しか使われていないというのが実情です。先ほども書きましたが、統計によると、ケベック州全体ではフランス語を喋っているのは80%近く、英語を喋っている人は8%にもなりません。

モントリオールに絞ってみると、フランス語を主にしゃべる人が50%ちょっと、英語を主に喋っている人は13%ほどです。両方しゃべる人は1%ちょっとしかありません。英語フランス語以外も35%もあるんですね。カナダは移民の国だということですね。いろいろな言語が日常的に使われています。

統計ではこんな感じですが、私が見た限りこちらで育った英語圏の子供達は流暢にフランス語もしゃべる人間が多いように思えます。学校では幾つかの授業はフランス語で行われている、、というような感じです。モントリオールで住んでいくとすれば、フランス語をしゃべれないで行きていくことはまず無理だと思います。とても不便だと思います。

⭐英語圏の人間が一番多いモントリオールでも英語を主に喋っている人間がわずか13%という現実。裏返してみると、、英語が喋れる人間が非常に少なく、英語が喋れるということが大きな希少価値であるということが分かります。

いくらフランス語圏であると言っても、ここは北米大陸の一部、周りは全て英語圏なのです。大きなビジネスになると英語圏と仕事をしないわけには行きません。よって、英語を流暢に喋れることは大きな利点となります。ケベック州で英語が喋れると仕事を探す上で大きなアドバンテージとなります。

モントリオールには英語の学校が無数に存在します。なんとなくフランス語なまりの英語をしゃべる人が多いのもこういう理由からだと思います。

🔥アメリカ人が観光に来ても、英語が通じない唯一の北米での地域なのです。とても外国っぽいということですね。最も近い外国として、アメリカ人にも大変人気の場所となっているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA